倍!倍!ストア最大+10%

商品説明

メニュー
ミナロ,ヤフー店のFBSPORT,Inflatable,Gymnastics,Air,Mat,Track,Floor,Mat,4/8,inches,Thickness,Gym,Mats,for,Home,Use/Training/Cheerleading/Yoga/Water,with,Pump:B0882YGLZSならショッピング!ランキングや口コミも豊富なネット通販。更にお得なPayPay残高も!スマホアプリも充実で毎日どこからでも気になる商品をその場でお求めいただけます。スポーツ,新体操、器械体操,その他新体操用品
分詞構文の作り方と6つの訳し方 執筆者 | 2018年 10月 17日 | 分詞

分詞構文の分詞とは?

分詞には、現在分詞と過去分詞の2種類あります。

現在分詞/過去分詞

現在分詞を使った例文

The sleeping baby is cute.(その眠っている赤ちゃんは、可愛い。)

過去分詞を使った例文

I repaired the broken window.(私は、壊れた窓を直した。)

分詞の役割

分詞は、動詞と形容詞を合わせたような役割があり、「動詞と形容詞の役割を分かちもつ詞」と言われています。

現在分詞の訳

現在分詞の場合は、能動態なので「〜している」や「〜する」と訳します。

【ワイルドディスカス】アッパーテフェロイヤルグリーンA【個体販売】15cm(生体)
選べる組み合わせ 異素材デザインシステムデスク Ebel エーベル3点セット(デスク+ワゴン+チェア)W120
カウンターテーブル ハイテーブル 高さ90cm バーテーブル バーカウンターテーブル 木製 カフェテーブル 机
【中古】ルイヴィトン LOUIS VUITTON 20AW クラウド ジャカード 半袖 Tシャツ ニット 1A8A81 XL 青 ブルー ブランド古着ベクトル 中古 ■ 201202 0400 メンズ
HAOHE Tactical Service Dog Vest Breathable Military Dog Clothes K9 Harness Adjustable Size Training Hunting Molle Dog Tactical Harness (Colo
新品LG Electronics 3551DD1003L 6026050 食洗機外ドアパネル ステンレススチール
ガーデン5点セット ガーデンテーブル ガーデンチェア テーブル 机 いす ガーデンファニチャー カフェ風 5点セット チーク材 椅子 セット 折りたたみ ナチュラル
プラチナダイヤモンド ボディピアス(軟骨ピアス)0.236ct F VS1 G(中央宝石研究所ソーティング袋付き)アウターコンク·インナーコンクにオススメ
(業務用30セット) 桜井 ハイトレス 高透明度トレペ A470 75G 100枚
David Clark H10-13H Headset (for helicopters)【並行輸入品】
Men's Denim Style Stand up Collar (Chest:50" Length: Long/Tall)【並行輸入品】
Bluetooth2次元コードリーダー(ハンディタイプ) BCR-BT2D1BK同梱不可
【AQUA LUNG】ズーマ
過去分詞の訳

過去分詞は、受動態なので「〜される」や「〜された」と訳します。たまに、完了の意味もあり、その場合は「〜してしまった」と訳します。

分詞が形容詞の働きをする2つのパターン

分詞が形容詞の働きがあるということはすでにわかっていただけたと思います。

  • The sleeping baby is cute.(その眠っている赤ちゃんは、可愛い。)

上記の文章は、分詞が前から名詞を修飾しているものになります。つまり、sleepingが、前からbabyを修飾しているということですね。

  • The man running around the park is my father.(公園の周りを走っている男性は、私の父。)

今度の文章は、分詞が後ろから名詞を修飾しているものです。つまり、running around the parkが、 The manを後ろから修飾しています。

前から修飾する場合と後ろから修飾する場合の違い

このように、分詞は、前から名詞を修飾する場合と、後ろから修飾する場合があります。では、この2つはどういった違いがあるのでしょうか?それは、修飾語が1つだけなのか、2つ以上あるのかどうかの違いです。(基本的には。) sleeping babyなら、1単語なので、前から名詞を修飾しています。The man running around the parkの場合は、修飾語がrunning around the parkまでとなり、複数の単語でカタマリを作っていますので、後ろからmanを修飾しているんですね。

分詞構文とは?

このように分詞は、カタマリを作ることもできます。形容詞になることができるとお伝えしましたが、形容詞の他にも、副詞の働きもあります。それが、「分詞構文」というものになります。じゃあ、なぜ副詞になるの?と思ったかもしれません。それは、もともと、接続詞を含む文章だったからなんです。

  • When he arrived at the theater, he noticed that he left his ticket in the bus.(映画館に到着した時、彼はバスにチケットを忘れてきたことに気づいた。)

上の文章は、従属接続詞を含む文章なのです。whenやbecause、ifなどの従属接続詞は、カタマリを作って、副詞節になります。(andやbutなどは、等位接続詞で品詞的に性質が同じもの繋ぐ) つまり、Whenが従属接続詞で、he arrived at the theaterまででカタマリを作っているわけです。

  • Arriving at the theater, he noticed that he left his ticket in the bus.(映画館に到着した時、彼はバスにチケットを忘れてきたことに気づいた。)

先ほどの従属接続詞を含んだ文章が、分詞構文になると、Arrivingから始まる文章になります。カンマまでには、主語・動詞がありませんので、「節」ではありません。これは、「句」というものになります。なので、分詞構文は副詞句になるわけですね。では、従属接続詞の文章がどのような変形過程を経て、分詞構文になるのか。その作り方を確認していきましょう。

分詞構文の変形過程・作り方

続いて、従属接続詞の文章を分詞構文の文章に変形させる過程について、お伝えしていきます。全部で、6つのパターンがあります。それぞれ3つのステップで変形できるようになっています。

ブリーフィング 公式正規品 GYM PACK MW BRA201P06 メンズ OLIVE
ILIX カウンターシンクセット4本組 6277LSDC
正弦波インバーター 1000W
サンゲツ オーダーシアーカーテン AC5610 巾300×丈261·280cm(2枚入) SS縫製仕様(スタンダード縫製)約2倍 3つ山ヒダ
コアフォースループ AFモデル SUS (70)
【支払総額4,992,000円】中古車 三菱ふそう スーパーグレート 第五輪荷重9.6t一括緩和(11.5t)
ダンクドリーム - ネオジオ
ハーマンミラー イームズ プライウッドチェア LCW サントスパリサンダー Herman Miller Eames Plywood Chair LCW santos paris sanda / おしゃれ
アサダ(ASADA) アッパーG-28JS UG280
エアスト(ERST) VOLVOボルボ専用ERST(エアスト)XC90(LB/LD) 2016· XC60(UB/UD)2017· LOWER RING-KIT エアサス車用
エアー遊具 バウンスランド ロイヤル パレス バウンス ハウス with スライド トランポリン
スーパー 横吊クランプ ロックハンドル式 細目仕様
観葉植物 人工 人工植物 ディスプレイ グリーン リビング 人工観葉植物 フェイクグリーン お祝い
【送料無料】 イタリア製 ソファ3点セット 3P+1P+1P クッション5個付
MYSTERY RANCH(ミステリーランチ) スイートピー 19761028 スローバック ML
【☆送料無料☆新品·未使用品☆】[Pajar] レディース ダボスブーツ 6-6.5 M米国 ブラウンゴート【並行輸
ビクトリノックス 公式/正規品 スーツケース Werks Traveler ワークス トラベラー 6.0 ソフトサイド ミディアムケース 拡
六角穴付テーパねじプラグ 高圧 (S45C/黒染め)(小箱) 互省製作所 JOHS1"
主語と時制が一致する場合

  • 従属接続詞の文章:When he arrived at the theater, he noticed that he left his ticket in the bus.
  • 分詞構文の文章:Arriving at the theater, he noticed that he left his ticket in the bus.
  • 訳:映画館に到着した時、彼は、バスにチケットを忘れていたことに気づいた。

Step1:When he arrived at the theater, he noticed that he left his ticket in the bus.の文章の主語が、同じ「he」なので、接続詞と従属節内の主語を削除

Step2:arrived at the theater, he noticed that he left his ticket in the bus.の、時制が同じ(過去)なので、従属節の動詞をing形に変形

Step3:Arriving at the theater, he noticed that he left his ticket in the bus.

従属節(副詞節)の時制と主節の時制が一致しない場合

  • 従属接続詞の文章:Although I had studied hard, I wasn’t able to pass the exam.
  • 分詞構文の文章:Having studied hard, I wasn’t able to pass the exam.
  • 訳:一生懸命勉強したけど、試験に合格できなかった。

Step1:Although I had studied hard, I wasn’t able to pass the exam.の主語が同じ「I」なので、接続詞と従属節内の主語を削除

Step2:had studied hard, I wasn’t able to pass the exam.の従属節の時制は主節よりも前で、時制が異なっているため、助動詞「had」をing形に変形する

Step3:Having studied hard, I wasn’t able to pass the exam.

受動態の場合

  • 従属接続詞の文章:As she was asked a question, she looked at a lost to me.
  • 分詞構文の文章:Asked a question, she looked at a lost to me.
  • 訳:彼女が質問された時、戸惑っていたように見えた。

Step1:As she was asked a question, she looked at a lost to me.の主語が同じ「she」なので、接続詞と従属節内の主語を削除

Step2:時制が同じ「過去」なので、wasをing形に変形する(beのing形)

Step3:Asked a question, she looked at a lost to me.

受動態で時制が一致しない場合

  • 従属接続詞の文章:Because I had been scolded by my mother, I didn’t speak to her.
  • 分詞構文の文章:Scolded by my mother, I didn’t speak to her.
  • 訳:母に怒られたので、話しかけなかった。

Step1:Because I had been scolded by my mother, I didn’t speak to her.の主語が同じ(I)なので、接続詞と従属節内の主語を削除

Step2:had been scolded by my mother, I didn’t speak to her.の従属節の時制は主節よりも前で、時制が異なるので、助動詞のhadをing形に変形

Step3:Scolded by my mother, I didn’t speak to her.

Thickness Track Gymnastics Gym :B0882YGLZS:ミナロ with 4/8 Inflatable Air Home for with Pump Floor ヤフー店 Mat inches Mat Inflatable Track Mats Use/Training/Cheerleading/Yoga/Water FBSPORT

主語が一致しない場合

  • 従属接続詞の文章:Because it was bad weather, I was in my house.
  • 分詞構文の文章:It being bad weather, I was in my house.
  • 訳:天気が悪いので、家にいた

Step1:Because it was bad weather, I was in my house.の主語が「it」と「I」で異なるので、接続詞のみを削除

Step2:it was bad weather, I was in my house.の時制はどちらも「過去」なので、「was」をing形に変形(be動詞のing形)

Step3:It being bad weather, I was in my house.

主語と時制が一致しない場合

    FBSPORT Inflatable Gymnastics Air Mat Track Floor Mat 4/8 inches Thickness Gym Mats for Home Use/Training/Cheerleading/Yoga/Water with Pump
  • 従属接続詞の文章:After he had finished his homework, I played tennis with him.
  • 分詞構文の文章:He having finished his homework, I played tennis with him.
  • 訳:彼が宿題を終えた後、私は、彼と一緒にテニスをした。

Step1:After he had finished his homework, I played tennis with him.の主語が、「he」と「I」で異なるので、接続詞のみを削除

Step2:he had finished his homework, I played tennis with him.の従属節の時制が主節よりも前で、時制が異なっているので、助動詞「had」をing形に変更

Step3:He having finished his homework, I played tennis with him.

分詞構文の6つの意味

分詞構文の意味は、全部で6つあります。時・理由・条件・譲歩・付帯・結果です。それぞれ例文を交えて確認してみましょう。

時:〜する時
  • 例:Arriving at the theater, he noticed that he left his ticket in the bus.(映画館に到着した時、彼はバスにチケットを忘れてきたことに気づいた。)
理由:〜なので
  • 例:Having a cold, I went to see a doctor.(風をひいたので、医者に診てもらいに行った。)
条件:〜なら
  • 例:Crossing the road, you will see the hotel on your left.(その道路を渡ると、左手に、ホテルが見える。)
譲歩:〜だが
  • 例:Having studied hard, I wasn’t able to pass the exam.(一生懸命勉強したけど、試験に合格することができなかった。)
付帯:〜しながら
  • 例:Waving her hand, she said “ Good Bye”.(手を振りながら、「さよなら」と言った。)

この付帯に関しては、分詞のカタマリの時制と主節の時制と同じ場合に使われます。

結果:〜して、その結果・・・
  • 例:Finishing the work, I went to the restaurant to have lunch.(仕事を終えて、私は、昼食を食べにレストランへ行った。)

結果の意味の場合は、分詞のカタマリの時制が、主節よりも前になります。

分詞構文の意味の見分け方

このように、分詞構文は6つの意味が存在します。しかし、残念ながら文章の構造をチェックしても意味を見分けることができません。というのも、そもそも分詞構文は「曖昧な」表現なんです。時の意味で読んでも、理由の意味で読んでも違和感がない場合もあったりするので、ある程度文章を読み進めて文脈で意味を判断するしかありません。でも、時や理由の意味の割合が高いので、最初からいずれかの意味で文章を読んでいってもOKです。

独立分詞構文(分詞構文の慣用表現=イディオム)

これまで、分詞構文についてやってきました。今度は、同じ分詞構文でも、独立分詞構文というものをみていきたいと思います。これは、分詞構文の慣用表現、つまり、イディオムですね。これは、しっかり暗記しておきましょう。よく出てくる独立分詞構文を一覧にしておきました。

  • generally speaking「一般的に言えば」
  • strictly speaking「厳密にいうと」
  • frankly speaking「率直にいうと」
  • talking of「〜と言えば」
  • speaking of「〜と言えば」
  • considering  (that)「〜を考慮すると」
  • judging from「〜から判断すると」
  • assuming (that)「もし〜なら」
  • supposing (that)「もし〜なら」
  • providing (that)「もし〜なら」
  • provided (that)「もし〜なら」
  • granting (that)「〜だとしても」
  • granted (that)「〜だとしても」
  • taking ~ into consideration「〜を考慮に入れると」
  • compared with (to)「〜と比較すると」
  • depending on「〜次第で」
  • given (that)「もし〜なら」
with+O+分詞(目的語+分詞)

独立分詞構文の直前に with がついた文章があります。例えば、下の例文のような。

  • 例文: He is standing with his arms folded.( 彼は、腕を組みながら立っている。 )

with+ O+Cという形をとる文章です。独立分詞構文のような文章になっていることから、with+独立分詞構文とも言われる場合もありますが、実際には単なる副詞句です。この場合、 O C はイコール関係になります。第2文型のようなイメージですね。意味は、次の2つです。

  • 付帯状況:目的語が〜しながら、目的語が〜した状態で